公募 現代手工芸展

GALLERY

トールペイント
北澤 祐美 (Yumi Kitazawa)

現代手工芸作家協会 常任理事、会計
アップルシード講師
淑徳大学サテライト教室講師

30年前にトールペイントに出会い 魅せられて、日本にはまだ先生も数少ないなか、アメリカから帰られた 高橋弓子先生(前 協会特別理事)の作品に出会い、それ以来先生の教室で学び、トールペイントの様々な技法、文化、歴史等を学びながら、私自身 講師への道を歩むことになりました。




<トールペイントとは>


トールペイントの歴史は古く、ヨーロッパの人々がトール(ブリキ)に簡単に絵付をしたのが始まりです。 その伝統芸能をもってヨーロッパの移民達がアメリカ大陸にやって来て、アメリカの生活や歴史・風土に絡みあいながら、木材、 家具、陶器、布などにペインティングするようになりました。そしてトールペイントとして広く人々に馴まれるようになり、図案化やアクリル絵の具の開発により、皆に愛される様になりました。

<作成工程>
1.素材の下地をきれいに整える(サンドペーパー・下地用シーラー等)
2.下地のベースの色を塗り、二度ほど塗りを繰り返すかわいてから耐水ペーパー(紙やすり)をかけ、表面を平にして再度ベースの色を塗る
3.図案をトレーシングペーパーに写し、本体にチャコペーパーをひいて、トレーシングペーパーの図案をなぞる
4.図案の上に絵の具を指示どおりに描いていく
5.描き終えたらよくかわかし、水性のアクリルニスをかわかしながら、二度ほど塗る





<北澤 祐美 作品>


「キャディバッグ」

(平筆バラ)

「かざり棚」

(ヒンダーローペン技法)













「丸台ターンテーブル」

(アッセンデルフト技法)
















「板絵」

(ジョソーニア・ジャンセン技法)
































「ミニ机」

(スコッティ技法)


























掲載会員一覧


○ 白岩 江依子
 (ニューフラワーアート)

○ 山中 直子
 (パーチメントクラフト)

○ 与左右衛門
 (人形)

○ 岡﨑 久美子
 (クレイアート・アートクレイシルバー)

○ 長井 久容
 (クレイアート)

○ 斎藤 慧栄
 (陶芸)

○ 金山 和司
 (陶芸)

○ 北澤 祐美
 (トールペイント)

○ 照田 祐子
 (トールペイント)

○ 井上 美智子
 (パッチワーク)

○ 河上 惠美子
 (ニューフラワーアート)

○ 葛葉 タカ
 (創作押花)

○ 小川 壽美枝
 (押し花絵)

○ 柴田 栄子
 (クレイアート)

○ 柳川 良子
 (和紙ちぎり絵)

○ 彦坂 禮三
 (和紙ちぎり絵)

○ 廣岡 栄子
 (アメリカンフラワー)

○ 近藤 節子
 (トールペイント)

○ 今井 ひとみ
 (トールペイント)

○ 井上 元江
 (布花)

○ 橋本 敏美
 (エッグアート)

○ 山口 咏子
 (ポーセレンアート)

○ 平野 光代
 (パーチメント&ステッカークラフト)

○ 一本杉 和泉
 (パーチメントクラフト)

○ 熊木 早苗
 (羊毛フェルト)

○ 金山 議優
 (陶芸)





現代手工芸作家協会

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷3-8-1
メゾンホワイト303 現代手工芸作家協会

TEL: 070-8583-5607
FAX: 048-987-1356