公募 現代手工芸展 

GALLERY

押し花絵
小川 壽美枝 (Sumie Ogawa)

現代手工芸作家協会 理事

押花と出会う以前、芸術書道学院に通い書道の師範取得、また、賞状技法士取得。 しかし書は黒と白の世界。色のある事をと思っていたところ、27年前 押花に出会う。 「色の変らないふしぎな押花」のふしぎなに魅せられ、「何故?」と受講、インストラクター取得。 ネイチャーアート、レカンフラワー、アートプリントのインストラクター取得。 『花フレンド』サークルを主宰し、サークル展、個展を開催。老人ホームのボランティアで押花を楽しんでいただき、15年以上。国内公募展、三国展:イギリス・オーストリア・イタリア展にも出展、現代手工芸作家協会正会員として現在に至る。





<種目説明>

押花の歴史は古く、モナコのグレースケリー王妃もされていた。海外にも多くの押花作家がいらっしゃる。 日本では湿気が多く変色してしまうので、ふしぎな花倶楽部 初代会長の杉野俊幸先生によって、植物の色が変る前に自然の色を 残せる技術『押花乾燥マット』が発明されたことにより、速乾で乾燥させた美しい自然の色を保った押花ができ、それを保管して 作品を作ることができるようになった。



<製作工程>

1.植物採集→草花がいちばん美しい時、雨風にさらされる前に採集する (サクラなどの花びらのうすいものは、風でも傷がつくため、気をつかう)

2.押花乾燥マットですぐ乾燥
   → 植物により、水分のぬけにくいものは下処理が必要
   → 完全に乾燥したものを保存袋で保存

3.植物を台紙にのせ、色・形等で、遠近・ボリューム・立体感を作る
   → 平らな押花なので、考慮しながら作画を仕上げる
    (のり止めがないので、動くことに気をつかう)           
  ☆ 草花の色が変らないよう、通常植物にはのり付しない
     → 時に小花には使用することもある

4.アルミホイルに作画した台紙をのせ、乾燥剤・脱酸素剤を下に入れ、アルミホイルのまわりにレジンをのせ、 ガラスをのせて密着し、空気を抜き真空にし、額装に仕上げる



<小川 壽美枝 作品>


「旅立ちの風景」

「渓 谷」






























「大 地」

























「鷹とシャクヤク」
























掲載会員一覧


○ 白岩 江依子
 (ニューフラワーアート)

○ 山中 直子
 (パーチメントクラフト)

○ 与左右衛門
 (人形)

○ 岡﨑 久美子
 (クレイアート・アートクレイシルバー)

○ 長井 久容
 (クレイアート)

○ 斎藤 慧栄
 (陶芸)

○ 金山 和司
 (陶芸)

○ 北澤 祐美
 (トールペイント)

○ 照田 祐子
 (トールペイント)

○ 河上 惠美子
 (ニューフラワーアート)

○ 葛葉 タカ
 (創作押花)

○ 小川 壽美枝
 (押し花絵)

○ 柴田 栄子
 (クレイアート)

○ 柳川 良子
 (和紙ちぎり絵)

○ 彦坂 禮三
 (和紙ちぎり絵)

○ 廣岡 栄子
 (アメリカンフラワー)

○ 近藤 節子
 (トールペイント)

○ 今井 ひとみ
 (トールペイント)

○ 井上 元江
 (布花)

○ 橋本 敏美
 (エッグアート)

○ 山口 咏子
 (ポーセレンアート)

○ 平野 光代
 (パーチメント&ステッカークラフト)

○ 一本杉 和泉
 (パーチメントクラフト)

○ 熊木 早苗
 (羊毛フェルト)

○ 金山 議優
 (陶芸)






現代手工芸作家協会

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷3-8-1
メゾンホワイト303 現代手工芸作家協会

TEL: 070-8583-5607
FAX: 048-987-1356